はじめに

行政書士と社会保険労務士は、よく比較されます。就職・転職するにはどちらが良いのか?どちらの方が難易度は高いのか?どのくらい勉強すれば合格できるのか?など様々疑問に感じていることも多いのではないでしょうか?

もともと行政書士と社会保険労務士は同じ資格でした。ですが、1960年代に日本が高度経済成長に伴い、社会保険制度が確立され、そのことにより煩雑な仕組みへと変化して申請や給付などの対応が困難になりました。

これに唯一対応できる資格は当時行政書士でしたが、より専門性をもった人材が必要になり、1968年行政書士から労務関係の仕事を独立させて新設された国家資格が社会保険労務士です。

とはいうもの、もともと同じとはいえ、実際は異なった性質を持ちます。仕事に関しても、試験に関しても、その役割に関してもまったく別の側面を持つのです。ですから、単純にこの2つを比べることは出来ません。

但し一つだけ言えるのは、どちらの資格も法律家という仕事だということです。法律家は、顧客の利益や財産、権利を守ることを最大の使命としています。そのため幅広い知識が必要となり、試験の難易度も高くなります。

どちらの資格を目指にせよ、まずはこのサイトで、行政書士と社会保険労務士の違いを理解してください。もちろん行政書士と社会保険労務士の資格を両方取得することも可能です。ダブルラインセンスで独立して仕事の幅を広げている人も多くいます。

そこで、このサイトでは、行政書士と社会保険労務士の難易度、仕事内容、年収などの違いを包み隠さず徹底的にご紹介したいと思います。

たぶん無料でここまで公開しているサイトはないのではないでしょうか?そのくらいの内容になっていると自負しています。行政書士と社会保険労務士に興味がある方は、是非ともこのサイトで情報を収集してほしいと思います。

次のページ

>難易度の高い行政書士と社労士の資格に効率よく合格するなら
>通信講座のフォーサイトが最適!